2019年実践投資年間結果

2019年に当サイトで紹介して実践検証を続けた結果は

6,617,075円(661万7千75円)の利益

となりました。

手間をかけなかった割には、ぼちぼちだとは思います。笑

2019年の毎月のまとめは以下の通り

2019年の投資結果の算出方法

毎月の投資結果を合算して

76,495円+59,391円+179,758円+492,708円+126,845円+626,445円+685,304円+3,331,997円+3,921,968円+2,250,794円−5,134,630円=6,617,075

と算出しました。

資産を日本円で保有している訳ではないので“相当”とした方が正しいのでしょうけど、毎度伝わりやすさの観点から日本円換算で数値化しています。笑

2019年の投資総括

暇郎の個人としてはサイトで紹介しているもの以外にも、投資(出資や運用含め)は多岐に行なっておりますが、投資結果にそれらの収支は含めておりません。

当サイトでは数万円〜300万円以内の資金から投資を開始することを想定しつつ、一般に公開して募集・販売されている投資対象の中から記事として掲載する情報を選んでおります。

実際に資金を入れて実践検証まで行う対象は、その中でも現実的に可能性を感じたものですが、これら簡単に選んでいるようで、実はかなり厳選しています。笑

身内枠などで面白いもの、確度の高い香りしかしないものは割とありますが(投資を生業にされている方なら誰しも程度ですが)、それらは枠が少な過ぎること諸々において記事で扱うには耐えられません。ご興味を持って頂いても大半の方はお繋ぎ出来ないまま枠が無くなってしまいますし、暇郎が1人1人ご紹介として繋いで行かないと成り立たないものも多いため、時間リソース含め現実的には厳しいです。

記事として取り上げるものは、記事単体で多くの読者様に活かしてもらえる情報として、一般向けに窓口が広く開かれてた投資対象の中から選ぶわけですが、この制約で現実的に資金を増やせる可能性を秘めた投資先を剪定するのは、本当に難しいです^^;

辛口かつリアルな話として、一般に制限無く窓口を開き募集・販売されているような投資対象は、少額でも集めたいと考える窓口側(販売会社や事業体)が仕掛けるものですので(銀行で販売される投資も全てただの商品ですから!)普通に考えて魅力的なものなんて早々あるはずありませんよね。笑

ネット情報はその最たるところですし、大抵は誇大広告〜詐欺まがいです。インターネットで情報を得るような投資初心者さんは大抵いつの間にか資金を消してしまいます。

その辺りをふまえると、実践投資検証では2019年も資金を1年で3倍以上には膨らませたので健闘している方かなと思います。(自画自賛)

ある程度のリスクを取りながら、ある程度以上のリターンを狙っていますので、12月のようにしっかり調整しちゃう月はありますけどね^^;

また、真剣に自己責任を持って投資の闇と甘味の更に深いところまで足を踏み入れたい方は、S会の情報も参考にしてみて下さい。

S会もご登録者様が増えてきたので、嬉しい反面、以前よりも多少お伝えする内容をが制限(枠的なところ含め)しなくてはならない面も出て来てしまってはおりますが、記事よりは圧倒的に深いところまで今年もご案内出来ると思います。千載一遇の号外配信は数ヶ月に一度程度になるかと思いますが。笑

そんなこんな含め、マイペース活動ですが2020年も程々にどうぞ宜しくお願い致します。