Mykey佐野は本物7FEATHERS PROJECT(セブンフェザーズプロジェクト)
暇郎

どうも
投資実践検証家の暇郎です

久しぶりに面白いローンチ動画でした。

アルケミービジネス、カンボジア不動産投資、FX &仮想通貨トレーディング、マスターノード、ハイブリッドSTO、NGO2.0構想、NGO団体など、個別に気になっている方も多いかと思います。

Mykey佐野氏は本物ですが、投資判断はローンチの行方と背景が重要ですね♪

7FEATHERS PROJECT

提供業者 Anakut Investment.
代表責任者名 佐野義仁(Mykey佐野)


7FEATHERS PROJECT(セブンフェザーズプロジェクト)の鍵はカンボジアのカシノ社長

動画をご覧頂くとわかるかと思いますが、カンボジアの不動産投資の鍵はカシノ社長とのコネクションですね。

カシノ社長
左:Mykey佐野氏 右:カシノ社長

カンボジア投資が熱いのは確かです。暇郎の知人も早い段階からカンボジアに乗り込み、不動産投資や事業投資、他諸々仲介を含め近年活発に活動しています。

手軽な方法は動画内にもある通り不動産投資になりますが、時間と情熱がある方はビジネスとして乗り込むのが本当に面白いかと思います。笑

そう言えば、、
最近、泉忠司氏のビリオネアキャッスルでもカンボジア案件の募集がありましたね。インターネットローンチ系のトレンドもカンボジアなのでしょうか^^;

カンボジアの不動産投資が熱いのは確かですが、海外の不動産投資、特にレジデンス(マンション1部屋)投資は、知識もしくはよほど直接信頼できる関係が築けていないと痛い目を見ることになります。

同じ土地、同じ場所に立つレジデンスでも、部屋により値上がりするかどうかは天地の差があります。

高層階やサンセットビューなど、日本の不動産感覚で価値がありそうに見える部屋が嫌煙される売れ残り物件だったりと、不動産の常識は国や地域によって真逆に近いくらい異なります。

値上がり期待される土地に立つレジデンスで自分達が良い部屋を確保するために、値上がり期待薄の部屋を売り捌くことを交換条件で相談されたりと、色々な諸事情により、海外投資は結果的に日本人が日本人を騙す構図が生まれ易いのも事実です。

多かれ少なかれ、情報の根っこを握る仕掛け側が一番美味しいところを確保し、旨味が薄いところを手数料を取りつつ販売するのが世の仕組みです。

7FEATHERS PROJECTのカンボジア不動産で出てくる物件がそうだと決めつける訳ではありませんが、プロジェクトと銘打ってローンチで多くの人を募る場合、どうしても売れ残り易い物件を売りさばく仕組みを懸念せざるを得ない点はあります。

本当に美味しい投資先は、旨味が薄い多数の投資で積み上がった山の一角に位置するものですので、そこを獲るためには信頼できる仲間と少人数で情報を共有するしかありません。

カンボジア投資にしろ、アジアや中東の投資にしろ、それらの旨味は落ち行く日本に資産を置き続けるよりは、遥かに可能性があるのは事実です。そのあたりが良くイメージ出来る動画だと感じました。

暇郎は一歩引きつつも7FEATHERS PROJECTにも関心は持っています。

7FEATHERS PROJECT(セブンフェザーズプロジェクト)のFX &仮想通貨トレーディングはEA

LPのアドレスがhttps://value-brain.com/world_ea/なので、バリューブレイン(クズ商材も目立ちますが小野たつなり氏はビジネス上手)さんのローンチですね。アドレス後半を見る限りおそらくEAの販売もしくは配布がメインかと思います。

7FEATHERS PROJECTドローダウン
7FEATHERS PROJECT取引画面FX

マイキー佐野氏もスマホで取引画面見せるくらいですので、ほぼ間違い無いでしょう。

マイキー佐野氏が投資家として能力があることも、FXで資産を大きくされたことも事実ですが、そのマイキー佐野氏が勧めるEAだから勝てるかどうかは別です。

EAはどんなクズEAでもバックテストの実績は右肩上がりです。バックテストの結果でそのようなEAを作るのは簡単ですので。笑

重要なのはフォワード(実際に資金を使っての稼働検証)ですが、これも期間が短ければ検証として参考になりづらいところがあります。

重要なのは短期的にいくら稼ぐかよりも、ドローダウンの大きさや継続して使えるものとして耐えうるかどうかです。

EAは良いものは見事な働きをしてくれますが、絶対に資産が増え続けるとまで断言出来るEAも存在しません。(と思っておいた方が良いです。)

本当に資産を増やす人は、EAで手間を省きながら、最後のリスクを自分の裁量(危ない時期にEAを自分の判断で止める等)で行うから資産を増やし続けます。

暇郎はリーマンショックの際に、EAを止めるのが遅れて、複数のEAで強烈なドローダウンが短時間に何度も繰り返され、EAには苦い思い出の方が強いくらいなのですが、今もEAを活用しています。

なぜ使うかと言うと、優秀なEAはやっぱり優秀なんですよね。笑

ローンチのように多くの人に販売・配布するEAの性能となると懐疑的ではありますが、良いEAは使い方を誤らなければソコソコ以上に稼ぎます。

近年は暇郎は勝ち続けているEAでも複利運用し過ぎないようにしています。

要は毎月なり定期的に利益を口座から抜いていくと言う感じですが、これをしておくと、2年で資産が3倍になったけど、3年目にその大半が吹っ飛んだ。。みたいなこと(リーマンショックの時は本当酷かった。。)もありませんので。苦笑

7FEATHERS PROJECT(セブンフェザーズプロジェクト)でマイキー佐野氏が紹介されるEAのフォワードは試せないのでわかりませんが、暇郎が使っているEA情報でしたらお問い合わせ頂ければシェアできます。(まだ記事にしていないので)

EAのリスク管理やご自身で検証出来る方は7FEATHERS PROJECT(セブンフェザーズプロジェクト)でマイキー佐野氏が紹介されるEAも試して見ても良いかもしれませんが、経験があまり無い方は暇郎が実践検証済みのものを同じ方法で運用した方がリスクは低いかと思います。

7FEATHERS PROJECT(セブンフェザーズプロジェクト)のまとめ

久しぶりの面白いローンチ動画でした。Mykey佐野氏の語る内容も個人的には好きな方向性です。

以上より、可能性は感じますが、やはりローンチ形式で展開されたものは過去を振り返ればほぼほぼ酷い結果になって来てますので、そのあたりの背景は考慮しないといけませんね。

暇郎の考えとしては、資金余裕があり、余裕資金で分散投資先を探されている方はリスクを加味した上でセブンフェザーズプロジェクトの情報も検討しても良いかと思いますが、初めての投資や大切な資金を投じる場合ほど、直接身近に繋がれる投資成功者を探して人間関係を築かれた方が良いかと思います。

投資は情報が全てですが、情報は人との関係性が全てです。

投資って意外とビジネスでもあり、文字や動画の情報よりも、日常の在り方や繋がりで情報の質が決まります。

ローンチは多くの人に広めることを目的としたメディア戦略ですので、マイキー佐野氏もちらっとおっしゃっていましたが、文字や動画など仕掛ける側の雰囲気が判断材料の大部分になってしまいます。

そのあたりが投資としてはリスク、判断の面としては、賭け方面にどうしてもなりがちですね。。

暇郎が実践検証済の推奨先

投資は目指す未来や現状の資金量により選び方も変わるので、方針が決まっていない方は個別相談をご活用頂ければと思いますが、既に投資の目的が定まっている方は暇郎が実践検証済の投資先情報もご活用下さい。

暇郎が実践検証済の推奨投資先
暇郎が実践検証済の推奨投資先

個別相談

投資は人それぞれのタイプや、目指す未来により相性があります。自分で画面を見て取引を続けたい投資家と、運用に近い形で資金の置き場所で成功したい投資家では選択は全く違います。

投資は自己責任になるからこそ、最終判断を行えるのは本人だけですが、疑問や不安は誰にでもありますので、相談相手が暇郎でよければいつでもご連絡下さい。

暇郎お問い合わせ
暇郎に個別相談

凡人が資産構築するための無料結社S会

暇郎が投資を初めて最初の10年は、自分で取引することやポートフォリオの組み方を磨くことが投資だと思っていましたが、学びでトレードのエントリーは多少上達しても、土壇場でのメンタル管理や油断から資産を守りきれない自力の限界にも気付きました。今は資産を築き膨らます最も有効で現実的な方法は、人脈を良くして環境から得る機会で資産構築することだと考えています。無料結社S会は、そんな暇郎の持つ人脈・環境・情報をおすそ分けする場所です。

無料結社S会ロゴ
無料結社S会