ビットコイン積立投資シミュレーションもしも2017年末の高値で買い始めたら
暇郎

どうも
投資実践検証家の暇郎です

もしも2017年末の200万円を超えたビットコイン最高値からビットコインを買い始めて、暴落後も毎月ビットコイン積立投資を続けたらどうなったか?検証してみました。

ドルコスト平均法の好例ですので、さらっと参考程度に見て頂けましたら幸いです。

毎月1万円分のビットコイン積立投資を続けたら

ビットコイン積立シミュレーション

ビットコイン積立投資のリアルな実績が気になり始めて情報を探したものの、ネット上で見つかるのはドルコスト平均法の解説ばかりで、実際にリアルな価格を入れてシミュレーションされた情報が見つからなかったので、BTC/JPYの過去レートを遡りながら真面目に数値入力してグラフ化してみました。

仮想通貨相場が暴落する前のバブル絶頂期2017年12月から2020年1月現在までの26ヶ月間をシミュレーション期間としました。

毎月1万円をそのまま積立したシミュレーションが青線グラフで、毎月1万円分のビットコインを積立したシミュレーションが緑線グラフです。

BTC/JPYレートは毎月20日のレートを使用したので、ビットコイン積立は毎月20日に1万円分のビットコインを買ったシミュレーションとなります。

ビットコイン積立投資シミュレーション結果は26ヶ月間で30%増

2017年12月から2020年1月まで26ヶ月間、毎月1万円を1万円のまま積立したら26万円ですが、毎月1万円分のビットコインを積立したら33万9千円という結果でした。

2017年12月に200万円超えで買い始めたビットコインが、2020年1月は98万円程度で100万円にも届かない状態ですが、それでもビットコイン積立の方が対比130%パフォーマンスとなるのがドルコスト平均法の面白いところですね。笑

ビットコイン価格チャート形状も合成した図にして、結果の明暗が別れた時期を見てみましょう。

ビットコイン積立シミュレーション5月

200万円超えで買い始めたビットコインは下落相場が長く続き、2019年5月もまだ80万円にも届かない時期ですが、単純に毎月1万円を積立する場合は18万円になるところ、ビットコイン積立だと20万円超となりパフォーマンス的に上回ることになります。

これぞドルコスト平均法という流れですが、ビットコインが30万円代まで下落した時期(2019年1月頃)を経ているため、このような結果になります。

一方的な下落のままでは流石にマイナスパフォーマンスから脱却しませんが、下落相場が長く続いても少し価格が戻るだけで利転してしまうのがドルコスト平均法がシンプルながら積立マジックになるところですね。笑

毎月100円から出来るビットコイン積立投資

毎月100円だけで人生の足しになる資産が手に入るとまでは思いませんが、少額から年利10%超の運用を現実的に見据える有効な手段の1つですね。

積立であろうと投資信託であろうと相場リスクは必ず残りますが、ドルコスト平均法は相場の乱高下を味方に出来るのでビットコインとの相性は面白いですね。

ドルコスト平均法は長く続けることでパフォーマンスが安定するので、ハッキングされた歴史のある某取引所さんよりも、地道にセキュリティー推しの大手取引所さんを選ぶ方が安心かと思います。

この記事をご覧になりGMOコインさんで積立開始される方は、お問い合わせからご連絡頂けましたら記事で使用したシミュレーションシートをプレゼントします。よろしければ積立記録にご活用下さい。

年利や安定を謳い手数料目的で販売される商品としての投資信託よりも、自身で続けるドルコスト平均法による積立は意外なほど良い結果に落ち着くことが多いので、飽きずに続けられそうな方は始めておくと良いでしょう。

凡人が資産構築するための無料結社S会

暇郎が投資を初めて最初の10年は、自分で取引することやポートフォリオの組み方を磨くことが投資だと思っていましたが、学びでトレードのエントリーは多少上達しても、土壇場でのメンタル管理や油断から資産を守りきれない自力の限界にも気付きました。今は資産を築き膨らます最も有効で現実的な方法は、人脈を良くして環境から得る機会で資産構築することだと考えています。無料結社S会は、そんな暇郎の持つ人脈・環境・情報をおすそ分けする場所です。

無料結社S会ロゴ
無料結社S会

少額でも博打では無く現実的に有効な投資へ

ドルコスト平均法による積立は博打では無い現実的な手段そのものなので、気長に待ちの姿勢で続けられる人にはおすすめですが、暇郎のように積極的に資産を構築しに向かうようなタイプの人は飽きとの戦いになります^^;

そんな飽きっぽいが積極的な人ほど妙な物で火傷することも多いのですが、投資は最初に基礎を体得できる投資先に触れておくと、後々の怪しいリスクを嗅ぎ分けられるようになるので、長い投資人生のトータルリターンが最大化します。

資金10万円からの投資の始め方
資金10万円からの投資の始め方