BitPicker(ビットピッカー)の自動アービトラージ力は本物か検証
暇郎

どうも
投資実践検証家の暇郎です

ここ1年増えてきているネットローンチ系のビットコインアービトラージツールですね。

完全自動で月利13%で資産を増やし続けるフルオートBTCアービトラージツールBitPicker(ビットピッカー)を無料配布ということですが、本当に配布まで至るのか、実際に機能すると呼べるほどの本物ツールと呼べる程のものか検証します。

暇郎が今まで見てきた市販の自動アービトラージツールの中で、性能が本物だと検証済で使い続けているのはビットゲイン だけです。

そのビットゲイン でも今月の月利は5〜6%着地なので、月利13%が本当なら凄いのですが、最近世に溢れているアービトラージツールは虚偽性能か、アービトラージという流行り名称を押し出して集客して別のものへ誘導するだけのクズローンチばかりなので、期待も落胆もしない程度に淡々と検証を進めていきます。

BitPicker無料プレゼント

特定商取法に基づく表示
販売業者 株式会社バリューブレイン
所在地 〒150-0041
東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ804号

暇郎

まとめてて今気づいた。。
バリューブレインさんのローンチだったんですね。。

K爺

もうこれ確定じゃな

暇郎

何でも決めつけては何も得られません。。。
一応検証続けます

BitPicker(ビットピッカー)は低リスク投資法アービトラージ

ビットピッカーは低リスク投資法アービトラージ

アービトラージの説明として分かり易い図解ですね。

ビットコインは未だに取引所によって価格に差がありますので、価格が安い取引所で買って、価格が高い取引所で売る。これを繰り返せれば理論上はリスク無く資産が増えるということになります。

まぁ、このシンプルな理論を成り立たせるために、今では想像以上に高度な開発力と技術力を投じ続けないと実現出来ない状況となっております。

BitPicker(ビットピッカー)が本当にその開発に成功しているのか、高度な技術力を持つ開発担当が技術力を投じ続けているのかどうかが問題ですね。

アービトラージの歴史や詳しい説明はこちらの記事にまとめております。詳しく把握されたい方は参考にして下さい。

BitPicker(ビットピッカー)は完全自動売買ツール

BitPicker(ビットピッカー)は完全自動

APIで自動注文させるだけなら難しい技術でもありません。

実際は稼げないおもちゃ性能のアービトラージツールでも自動売買ツールを名乗りますし、おもちゃ性能で自動売買を名乗っても虚偽ではありませんよね。

ただ、おもちゃレベルのツールだと、取引高が少なく価格差が露骨に生まれる取引所を採用して、価格差の比較的には利益が大きそうだったり取引が活発になりそうに魅せますが、実際には取引が生まれなかったり、取引量を増やすために薄利設定にして手数料負けしたり、注文を出しても約定せずオーダーが残り過ぎて結局のところ損失になっていたりと。。

実際に稼げる自動アービトラージツールは確かに最強なのですが、なかなかどうして、本当に稼げるアービトラージツールというのは滅多にお目にかかれ無いのが現状です。笑

BitPicker(ビットピッカー)は月利13%で年利333%

BitPicker(ビットピッカー)は月利13%で年利333%

実際の性能でここまで叩けたら凄いんですけどね。笑

なかなかどうして、理論上負けないはずのアービトラージなはずなのに、毎月安定してプラス推移で稼働を続けてくれるアービトラージツールは滅多にありません。

まぁ、開発できても普通は市販まではしないんですよね。

暗号通貨市場は未だに数億円程度で簡単に暴落・暴騰と呼べるくらいの価格差を生んでしまうので、そこそこ以上程度のアービトラージツールが開発できたら、個人的にもしくは仲間内で数千万程度の資金で稼働させて開発費以上を稼げるうちに稼いでしまう程度のスタンスに留まて遊ぶのが本当の意味でのアービトラージの稼ぎ方です。

これを書いてしまうと夢も何も無い話になってしまいますが、現実はほぼこんな感じです。

だからネットで拡散されるアービトラージツールは、性能以前に、そもそも使用者を稼がせようという意図で展開されているとは到底感じられ無いことが多いのですが^^;

物事決めつけてしまうと可能性を失うだけなので、乗りかかった検証をは続けます。

BitPicker(ビットピッカー)は麦野 亜輝子氏のライン登録で配布?

ライン登録すると2週間後にプレゼントと、、どこかで見たような展開が^^;

そして案の定。。

BitPicker(ビットピッカー)漏れ無く入手

連日怒涛の案件紹介ラッシュ(登録でツールプレゼントしますよ的な数多の誘導)が始まります。

暇郎

完全放置型イーサリアムオートトレーディングシステムのリンクを踏むと
少し前に取り上げたこちらに接続します。。

ETHオートトレーディングシステム

完全放置型イーサリアムオートトレーディングの検証記事はこちら

これから怒涛の案件宣伝が続くことは覚悟しております。その後のツール検証ついては、また2週間以上後にお問い合わせ下さい^^;

一応、最後まで確認はするつもりです。

BitPicker(ビットピッカー)のまとめ

BitPicker(ビットピッカー)も完全放置型イーサリアムオートトレーディング同様バリューブレインさんあるある展開です^^;

怒涛のライン通知ラッシュになります。

最近は色々なところで自動アービトラージツールの宣伝が増えていますが、実際のところ実働性能では稼げないものばかりです。

実働性能では稼げないアービトラージツールは高額商品として売り逃げスタイルの販売に持ち込むか、ツール自体を売り物にしないで登録等の釣り文言として使い登録されたアドレスやラインでは違うものの紹介や販売に繋げるか、この流れが最近のネットローンチの1つの流行りスタイルになっているように感じます。

このような流行りが生まれた背景は2017年頃まで仮想通貨アービトラージがボロボロに稼ぎ放題だったので、その歴史から最近になり妙な流行り方(見切り発車のクズツールや詐欺ローンチが目立つ)をしていますよね。

繰り返しになりますが、売り逃げスタイルの詐欺まがいツールはもちろんのこと、真面目に開発されたアービトラージツールでも性能が低いままの大半のツールで利益が取れる時代は既に終わっています。

市販版のアービトラージツールで、実際に稼ぎ続けているのはビットゲイン だけです。暇郎が知る限りの話ですが、おそらく他に無いのでは無いでしょうか?本当に。

ビットゲインは導入費は安いですが、月々の継続利用料が高いです^^;

利用料が高いツールは嫌煙されるためバカ売れしてませんが、性能が本物のツールなら、販売者側の収益もこの販売スタイルの方が伸びますよね。

販売者目線になればわかりますが、詐欺まがいのクズツールは性能がバレる前に売り逃げスタイルしかありませんが、性能に自信があるツールなら継続利用料を取る方が販売益も膨らみます。

このような販売スタイルだと性能が落ちればユーザーはすぐ離れてしまいますので、性能に自信のある販売者しか取れない戦略ですが、販売者と利用者の間で本当のwin-winが成立するのはこの形ですよね。

暇郎もそんなこんなでビットゲインを長らく使っています。ここ数ヶ月は月次報告でもまとめていますので導入検討の参考にして頂ければと思います。

ビットゲイン の毎月の実績はこちらでご確認頂けます。

5月に入ったら4月分の集計を出しますが、今月は仮想通貨相場に活気が戻り相場が動き始めたので、おそらく3月の3倍程度の利益になるかと思います。

アービトラージという選択にまで辿り着けているのなら、是非本物を使ってくださいね。利用料はまぁまぁ高いですが、本物を使わないと稼げませんので。笑

暇郎が実践検証済の推奨投資先

ご紹介している暗号通貨アービトラージシステムは他の市販品とは別格で、唯一無二の本物性能です。暗号通貨の次なる爆発(ショートターム投資)に向けて、自動で負け無い取引(ロングターム投資)を続けながら仕込む戦略は攻めと守りのバランス的にも面白いと感じています。

暇郎が実践検証済の推奨投資先
暇郎が実践検証済の推奨投資先

個別相談

投資は人それぞれのタイプや、目指す未来により相性があります。自分で画面を見て取引を続けたい投資家と、運用に近い形で資金の置き場所で成功したい投資家では選択は全く違います。

投資は自己責任になるからこそ、最終判断を行えるのは本人だけですが、疑問や不安は誰にでもありますので、相談相手が暇郎でよければいつでもご連絡下さい。

暇郎お問い合わせ
暇郎に個別相談

凡人が資産構築するための無料結社S会

暇郎が投資を初めて最初の10年は、自分で取引することやポートフォリオの組み方を磨くことが投資だと思っていましたが、学びでトレードのエントリーは多少上達しても、土壇場でのメンタル管理や油断から資産を守りきれない自力の限界にも気付きました。今は資産を築き膨らます最も有効で現実的な方法は、人脈を良くして環境から得る機会で資産構築することだと考えています。無料結社S会は、そんな暇郎の持つ人脈・環境・情報をおすそ分けする場所です。

無料結社S会ロゴ
無料結社S会