ATMで出金!?仮想通貨デビットカード海外製2019最新
暇郎

どうも
投資実践検証家の暇郎です

この記事に辿り着かれるあなたは2年ほど前までwirexやxapo(どちらも現在日本では使えません)を利用していたか、最近の運用で仮想通貨が増え過ぎてしまった運用上手さんかもしれませんね。笑

暇郎の周りでもS会ビットゲイン 利用者の方からよく聞かれるところなので、可能な範囲で記事にしておきます。

仮想通貨はコンビニATMで日本円として出金出来るのか?

結論としてはYESです。

国内製カードで、国内取引所coincheckと提携してVISA加盟店で使うことができるバンドルカード、国内取引所Zaifと提携してMasterCard加盟店で使うことができるマネパカードなどがありますが、これらは日本国内のコンビニATMでの出金は出来ません。

一方で、海外製カードの中にはビットコインからチャージして、国内クレジットカード加盟店で使えるだけでなく、コンビニATMから現金を出金できるものもあります。

2019年現在も使用可能なカードは存在しています。

仮想通貨をコンビニATMなどから日本円にとして出金できるのは非常に便利ではありますが、課題となるのが税金との絡みです。

海外製の仮想通貨デビットカードと税金

海外製のある種のカードが、日本国内でもオンライン上の画面操作だけでビットコインをデビットカードにチャージすることが出来て、そのカードがコンビニATMで日本円の出金にも使えてしまうのは、日本に渡航している外国の方を想定した利用法であるという位置付けで解釈するのが基本ですね。

日本人がそのカードを使って良いものか議論を始めると、徐々に税の面からグレーな領域にも入る可能性が出てきます。

カードの利用自体に違法性が無いとしても、海外製で日本の金融機関を経由せず現金化が出来るとしても、日本国内の居住者であれば、納税の義務が無くなるわけではありません。

海外製のチャージ式デビットカードで便利に買い物や出金をしたとしても、納税の義務を怠ってはいけません。

納税は義務。ですので、各自の責任でやらねばなりません。実際やるとなると煩雑になり、どう申告しようか迷いしか生まれないかとも思いますが。。

2019年現在の日本で使える海外製の仮想通貨デビットカード

暇郎も全てを把握しているわけではありませんが、いくつか実在していますし、最近またwirexやxapoのようなカードが増えそうな流れも感じています。

しかし、それらの名前を記事で挙げていく事は、色々な問題を生む可能性もありますので、記事上は控えさせて頂きます。

世間話としては暇郎も好物ですし、情報はもちろんありますが、記事としてはデリケート側で少し難しいところがあります^^;

ビットコインチャージ式デビットカードまとめ

知は力なり。ですが、徐々に個人の責任や判断が必要にもなりますので、最終的に自己責任で扱うことが大切です。

情報を集められている方は、お問い合わせなどからご連絡下さい。暇郎が知っている範囲の、世間話程度の情報はお返事させて頂きます。笑

お問い合わせ

投資は人それぞれのタイプや、目指す未来により相性があります。

投資は自己責任になるからこそ、最終判断を行えるのは本人だけですが、疑問や不安は誰にでもありますので、相談相手が暇郎でよければいつでもご連絡下さい。

暇郎お問い合わせ
暇郎に個別相談

暇郎が実践検証済の推奨投資先

投資は目指す未来や現状の資金量により選び方も変わるので、方針が決まっていない方はお問い合わせからご相談頂ければと思いますが、既に投資の目的が定まっている方は検証済投資先情報もご活用下さい。

暇郎が実践検証済の推奨投資先
暇郎が実践検証済の推奨投資先

凡人が資産構築するための無料結社S会

暇郎が投資を初めて最初の10年は、自分で取引することやポートフォリオの組み方を磨くことが投資だと思っていましたが、学びでトレードのエントリーは多少上達しても、土壇場でのメンタル管理や油断から資産を守りきれない自力の限界にも気付きました。今は資産を築き膨らます最も有効で現実的な方法は、人脈を良くして環境から得る機会で資産構築することだと考えています。無料結社S会は、そんな暇郎の持つ人脈・環境・情報をおすそ分けする場所です。

無料結社S会ロゴ
無料結社S会