株式投資H式デイトレードの宮家直哉さんは本物か
暇郎

どうも
投資実践検証家の暇郎です

“最近、特に気になるトレードでH式デイトレが本物か記事にして頂けないか”
(原文は前後もう少し長めですが)

少し前に頂いたお問い合わせですが、暇郎はH式デイトレなるものを全く知りませんでした。探してみると、宮家直哉さんなる方がYouTube動画を多数アップされていたので、その内容と情報提供で頂いた内容の理解で一旦記事にまとめます。

結論としては、H式デイトレードなる手法を普通に紹介〜販売されており、本物・偽物という表現の定義は曖昧ですが、詐欺や無価値な手法とは思えないので本物と言う表現の方が妥当かと思います。

ただ、お問い合わせのやりとりさせて頂く中で、投資経験の少ない方が、動画をご覧になり説明を受けられる流れの中で、誤解を招き易い表現が一部あるようにも感じましたので、記事ではその部分も暇郎の現時点の感想として触れておきます。

宮家直哉さんとH式デイトレードとは

宮家直哉さんの自己紹介から始まりますが、困難の連続〜偶然の出会い(H式デイトレード)と、人を惹きつける綺麗な筋立てで、人前で表現される学びも相当に積まれた方なのかなと感じます。

H式デイトレードの手法は、H式なる独自のスクリーニングで株式銘柄を選定し、株式市場がクローズする後場の最終15時前(動画では14:50)に予約注文を行い、翌日の市場スタートとなる前場の最初9時に必ず決済する予約注文を入れるようです。

スクリーニングも独自のエクセルのプログラムを利用することで、誰でも実践できそうなものとなっているので、実践において99%再現出来ると言うのは事実でしょう。

ただ、誤解を招く表現だと感じる点は、バックテスト(過去データの検証)において有効な法則が、今後も同様にパフォーマンス再現出来るかどうかは神のみぞ知るところなので、「誰がやってもこのエクセル(バックテスト)通りになる」と、まるでバックテストの結果=今後の結果(もしくはバックテストでは無く、実際に取引した口座結果)と誤認させかねない表現は少しどうなのかなと感じました。

株式でもFXでも手法や法則はバックテストから設計・検証するしかありませんので、バックテストから何かしらの有効性が期待できる手法を試すしかありません。バックテストから設計していることを悪だと指摘しているのでは無く、重要なのは、そのバックテストを元に設計した手法が、実際の取引(フォワード)でどの程度まで再現できるかが手法の評価判定になります。

バックテストは未来(今)から過去を振り返り、その過去の結果において有効なルールを適用するだけなので、バックテストで爆益な法則は誰でも作れます。大抵詐欺商材はバックテストの結果で煽ります。。

と、書くとH式デイトレードを否定している論評に見えてしまいそうですが、要は実際に試してみないとわからないと言うことですね。(最近Twitterで実践結果を公開されているようなので後でご紹介します)

動画最後のまとめで、マイナスとの付き合いや年間トータルでならして検証することにも触れていますので、個人的には好感を持って興味を持てる範囲ですが、ちょっとバックテストの魅せ方と説明のところが、投資不慣れな方の誤解を煽っているようにも見えて気になりました。

H式デイトレードのバックテストについて

動画長めですが、H式デイトレードに強く興味を持たれている方は注意深くご覧頂くと良いと思います。

暇郎が宮家直哉さんの説明に好感を持った点

・バックテストを自分で確認することの重要性を伝えている

・投資や検証に自分が主体的な姿勢で臨むことの大切さを伝えている

・それらを簡単に行える環境(エクセル)を提供している

暇郎が宮家直哉さんの説明で気になった点

・18年間プラス中、2018年は4千万程度の利益、100万円で毎月6万円を高い確率で等の表現が、バックテスト(過去のデータ検証)を見せながら、実際の取引結果であるかのような表現で伝えている(ように見える)

・実際に取引で出した結果なら、バックテストでは無く、実際の取引結果で見せて欲しいのだが、残念ながらそれが無い

宮家直哉さんのH式デイトレードの価格と費用

調べて行く中で情報提供下さった方の情報を元にしております。

【受講料(導入費)】
440,000円(+勝率をあげる最適化システム110,000円)

【月々支払う金額】
月々0円、年会費0円

【トレード資金】
自分の証券口座に20-35万必要

【必要環境】
WindowsPC & Excel (office正規版)

以上らしいのですが、暇郎が動画を拝見する中で感じるのは、トレード資金では20〜35万は少な過ぎでは無いかな??200万円くらい(最低でも100万程度)無いと、実践も苦しくなる場面に出会い易いのでは無いかな?とは推測ながら感じました。

少額でも一応は取引出来るのでしょうけど、受講料から見ても、興味を持って検討される場合も、資金がある程度ご用意出来る方でスタートラインに立てる感じかと個人的には思います。

宮家直哉さんが公開するH式デイトレードの実践結果

断片的ですが、こちらで公開されているようです。

個人的には初めに観たYouTube動画の甘いイケメンさんに好印象と興味を持ったところから、こちらのTwitterでは随分とヤンチャな発信にビビってしまいました。。

顔出しで発信を続けられる中で、色々何かご苦労もありつつ変化されているのかなと、、勝手ながら想像はしましたが^^;

H式デイトレードまとめ

個人的にはちょっと内容的に興味を感じるものでした。

ただ、楽して稼げる手法やツールとしての期待興味と言うよりは、国内株式投資に長期的に向き合われる方には、ツールとして使い所が見つけられる可能性としての興味です。

暇郎的な解釈では、確実に利益が出る等と盲信し過ぎず、国内株式投資に長期的に向き合う上で、宮家直哉さんやH式デイトレードの手法が導入費用に見合うと判断出来る方が検討されれば良いかと思います。

今回、暇郎がこの記事を書く際に宮家さんのTwitter拝見したらプーケットの夜道をフラフラされていたのですが、個人的にはこれだけ投資に触れていらっしゃって、アジアを転々とされるライフスタイル?なら、国内株よりもアジア株の方に興味が移ってしまったりしないのかな?と、もし機会があれば聞いてみたいなと思いました。

暇郎はトレード主体にするとメンタル持って行かれてしまうタイプなので、個人的に苦い記憶の残る国内株もほぼ触れないのですが、アジア株を果報は寝て待てスタイルで仕込むのは現在も結構好きです。笑

凡人が資産構築するための無料結社S会

暇郎が投資を初めて最初の10年は、自分で取引することやポートフォリオの組み方を磨くことが投資だと思っていましたが、学びでトレードのエントリーは多少上達しても、土壇場でのメンタル管理や油断から資産を守りきれない自力の限界にも気付きました。今は資産を築き膨らます最も有効で現実的な方法は、人脈を良くして環境から得る機会で資産構築することだと考えています。無料結社S会は、そんな暇郎の持つ人脈・環境・情報をおすそ分けする場所です。

無料結社S会ロゴ
無料結社S会

少額でも博打では無く人生に有効な投資を

大切な資金、焦って博打のように半信半疑な投資先に投げるよりも、相場や投資の基礎を身に付けながら投資実践できる環境を先に整えた方がパフォーマンスは格段に良いですよ。何年経っても投資家になれず撤退して行く人と、投資家として歩み可能性を広げる人の差は始め方で決まります。暇郎は遠回りしましたけど。笑

資金10万円からの投資の始め方
資金10万円からの投資の始め方