リップル(XRP)のウォレット作成や保管が面倒!という誤解
暇郎

どうも
投資実践検証家の暇郎です

リップル(XRP)に対応したウォレットで簡単に扱えるものが見つからず、リップルを取引所に保管してしまっている方は多いのではないでしょうか?暇郎も先程までそうでした。笑

日本居住者へのサービス終了を発表したバイナンス口座に入れていたリップルの避難先として安全に保管できるウォレットを探す中で、ハードウェアウォレットは面倒な印象があり嫌煙しつつ以前から使い馴染みのあったトラストウォレット(Trust Wallet)に落ち着こうかなとも思ったのですが、セキュリティ重視でハードウェアウォレットLedger Nano S (レジャーナノエス)を試してみたところ、Ledgerアプリ連携も意外なほど快適で良い意味で印象が変わったので驚いたのでご紹介しておきます。

Ledger Nano S
Ledger Nano S 仮想通貨ハードウェアウォレット

リップル(XRP)に対応したウォレットがあまりに少ない

Ledgerアプリ

暗号通貨の時価総額でビットコイン、イーサリアムに続き不動の第3位に落ち着いているリップル(XRP)ですが、その割にはリップルに対応しているウォレットっがあまりにも少ないと思いませんか?

暇郎はずっとそう思っていました。

また、リップルに対応しているウォレットでも、利用者が少なかったり、ほぼアップデートされないようなニッチなウォレットで保管するのも取引所とは別の意味で不安ですよね。笑

この一週間でリップルは20%近く価格上昇していますし、2020年はRipple社がIPOする可能性も出てきていますが、本格的なリップル価格上昇はまだ少し先になると暇郎は考えています。

だからこそ取引所で保管するよりも、安心して安全に保管できるウォレットに入れるべきなのですが、主流ウォレットの多くがリップルに対応していませんし、ハードウェアウォレットはちょっと面倒なイメージがありますし。。

なんて言っていると、リップルをウォレットに移動する日は永遠にやってこないのですが。笑(体験談)

結論からいくと、ハードウェアウォレットでもLedger Nano S (レジャーナノエス)はLedgerアプリとの連動が良く想像以上に快適でした。

“ハードウェアウォレットはセキュリティは高いものの使い勝手が少し面倒。。”みたいなイメージが蔓延してますが、誰が広めたのでしょう?

暇郎もその昔ハードウェアウォレットのTREZOR(トレザー)を購入したまま開封すらせず使用しなかった実績と、その話を時々するのでイメージを蔓延させていた側かと思いますが、ハードウェアウォレットは購入〜開封〜設定の3工程が必要なのでイメージ的に面倒ですよね。笑

一度使い始めてしまえば予想外に快適なのですけどね。

もっと早く使い始めれば良かったと心底思いますし、現状リップル(XRP)保管ウォレットならLedger Nano S一択で良いと思います。

リップル(XRP)はチャート価格を気にせずしばらくガチホ派

リップルチャート

暇郎が仮想通貨(暗号通貨)に触れ始めたのは2016年です。

当時のリップル(XRP)は1円にも満たない金額でしたが、リップルの情報を持って来られた方やその界隈で騒いでいる方達がどうにも怪しかったのでその時は見送り、2017年に40円以上に跳ね上がった際から詐欺コインでは無いのかもしれなかったな。。と思い始めて、20円弱に価格が落ち着いたところで仕込みました。(今更遅いとバカにされましたが^^;)

2017年末に300円超えまで吹き上がったものの、当時は皆その頃に税金対策諸々の諸々に奔走していましたので、大半を利確しないまま今に至ります。苦笑

そんなリップルですが最近またチャートに鼓動を感じますね。今年は少し上がるかもしれませんが、暇郎は価格の桁が1つ上がるまで利確するつもりは無いので当面はホールドです。

1日に数%〜10%以上も値が変動する暗号通貨と付き合って行くためには、淡々と利確狙いの価格まで静観するのが私生活への精神衛生上良いかと思います。(と自分に言い聞かせる。笑)

だからこそ暗号通貨投資は利確するまでハッキングされないように大切に保管することが仕事みたいなものですね。

リップル(XRP)はハッキングリスクの高い通貨

リップルのハッキングリスクが高いと言うよりも、暗号資産自体がハッキングとの戦いで、どうせ盗むのなら有名な通貨から狙われるという自然な流れからリップルも隙のある取引所やウェブウォレットから狙われています。

ハードウェアウォレットは正規直販で購入しないと本末転倒

リップルに限らず暗号資産全体に言えることですが、ある程度以上に暗号資産をお持ちの方はハードウェアウォレットを何個か持たれた方が良いと本当に思います。ずっとそうして来なかった暇郎が言うのも何ですが。。

また、ハードウェアウォレットだから絶対に安全な訳ではありません。取引所やウェブウォレットよりは安全性が高いだけで、旬なところで行くとTREZOR(トレザー)の脆弱性がお祭りになっています。

もはや消去法でLedger Nano S (レジャーナノエス)しか無いような流れが生まれつつありますが、Ledger Nano S (レジャーナノエス)も非正規品が混ざる販売ルートから仕入れては安全性が担保されません

Ledger Nano Sハッキング商品

正規直販よりもアマゾンで3000円くらい安いもの見つかりますが、安全性を求めて商品を購入するのに、安全性が担保されない通販ルートから購入するのは本末転倒ですね。

リップル(XRP)のウォレット作成や保管についてまとめ

暇郎もLedger Nano S (レジャーナノエス)を正規直販ルートで購入して安心してサポートを受けるのが安全かつ快適と言う結論に至りました。

使い始めるとハードウェアウォレットも面倒だとは感じません。(個人的にはマイイーサ ウォレットの方がログインまで面倒なくらい^^;)

試しにサポートに質問もしてみましたが、当日〜翌日までには返事が来ますので、対応も良いと感じます。もちろん日本語サポートですし。

レジャーナノS端末側に表示される文字は英語ですが、端末側は目印程度で、パソコン等のLedgerアプリは日本語対応なので、ハードウェアウォレットの中でも日本人に優しい方かと思います。

現在Ledger Nano S (レジャーナノエス)の脆弱性は話題に上がっていないませんが、どんなものにも完全は無く脆弱性はいたちごっこで見つけられてしまう可能性のあるものです。レジャーナノ側もいつか誰かに何かを見つけられてしまうかもしれませんが、その際もファームウェアアップデートで対応することで安全を担保することになるので、やっぱり直販購入が無難でしょう。

暇郎はうっかりカード決済してしまいましたが、Ledger Nano S (レジャーナノエス)は直販購入だとビットコインなどの暗号通貨決済も可能です。まだまだ暗号通貨は使う機会が少ないので、次回は暗号通貨決済で買いたいと思います。笑

以下に直販リンクと、直販購入で使えるクーポンコードを掲載しておきます。

Ledger Nano S
Ledger Nano S 仮想通貨ハードウェアウォレット

クーポンコード : ledger300
※上記お支払いページで入力すると300円割引

凡人が資産構築するための無料結社S会

暇郎が投資を初めて最初の10年は、自分で取引することやポートフォリオの組み方を磨くことが投資だと思っていましたが、学びでトレードのエントリーは多少上達しても、土壇場でのメンタル管理や油断から資産を守りきれない自力の限界にも気付きました。今は資産を築き膨らます最も有効で現実的な方法は、人脈を良くして環境から得る機会で資産構築することだと考えています。無料結社S会は、そんな暇郎の持つ人脈・環境・情報をおすそ分けする場所です。

無料結社S会ロゴ
無料結社S会