初心者が少額投資で始められるFXスキャルピングのリスクと盲点
暇郎

どうも
投資実践検証家の暇郎です

FXをされている方の人気トレード手法の1つにスキャルピングがあります。

巷では初心者でも勝てると宣伝されることがよくありますが、実際は資金を失ったという話も多く聞くトレード手法です。

そんなFXスキャルピングの真実と言いますか、暇郎が感じている通りの現実的なところをまとめます。

FXスキャルピングとは

スキャルピングとは、数pipsから数十pipsの小さな利幅を数秒〜数分という短い時間スパンで狙うトレードの手法です。

短時間で取引が完結するため、他の取引手法に比べて沢山の取引機会に恵まれますが、一方で1度の取引における獲得pipsが少ないため取引所の手数料がネックになり易い取引手法と言えます。

FXスキャルピングの特徴

FXスキャルピングのメリットとデメリットはまさに表裏一体です。

メリット

  • 短時間で取引が完結するので他の手法に比べて圧倒的に取引チャンスが多い
  • ファンダメンタルズ分析が通用しないのでテクニカル分析だけで良い
  • ポジションを翌日に持ち越さないので日常に精神的な負担が少ない
  • 時間帯に縛られない取り組み方が可能

デメリット

  • 利幅が小さいため取引の手数料がネックになることが多い
  • ファンダメンタルズ分析が通用しないので値動きの予測が困難
  • 瞬発的な判断が必要なトレードを繰り返すため長時間続けると疲れる
  • 取引を繰り返すうちに投資を忘れてギャンブル的に熱くなる人もいる

メリットとデメリットまとめ

全て事実で、短時間で取引が完結するので取引チャンスは多いですが、利幅が小さいので毎回の取引手数料がネックになります。

また、短時間の取引ではファンダメンタルズ分析が通用しないため、経済情勢を分析することを得意とする投資家は武器を活かす場面を消されてしまいますが、そもそもその武器を持たない者には、ファンダメンタルズに時間を学ぶまでも無く、単純に自分に勝機のあるテクニカル分析にだけ集中すれば良いという見方もあります。

スキャルピングは取引チャンスが数多く存在するため、画面に張り付き何時間も集中してトレードを続けることは疲労に繋がりますが、一方で取引を終了すればポジションを翌日以降に持ち越すことが無いので、取引をしていない時間は取引を忘れてゆっくり休むことも、他の仕事に集中することも出来ます。

デイトレードやスイングトレードはポジションを持ち越すことも多いので、つい夜更かししてしまったり、夜中や仕事中も保有ポジションの値動きが気になってしまい、投資以外の日常生活のパフォーマンスが著しく落ちてしまうことありますよね。(暇郎もそうですが経験者は多いかと^^;)

FXスキャルピングの3大リスク

ランダムウォーク理論と手数料

ランダムウォーク理論とは、相場の値動きは上昇も下降も可能性はほぼ同じであり、予測が不可能だという理論です。

長期的に相場を分析すると確かにそうとも言える部分があり、それをもの凄く要約して、相場が上がるも下がるも50%/50%なので、取引は繰り返せば繰り返すほど手数料の金額だけ負けるという理論に辿りつく論法もあります。

その論法の延長線上では、取引回数が多いスキャルピングを最悪の手法となります。

ただ、50%/50%に確率で取引を繰り返すなら丁半博打と変わりませんので、勝算も無くただ闇雲にスキャルピング?と言いますか単に取引を繰り返せば理論上そうなりますが、スキャルピングで利益を積み上げる人は勝算があるから利益が積み上がっている訳ですので、要するに勝算のある術の有無が結果を分けているだけでもあります。

AIとアルゴリズム

AIとアルゴリズムを同じようにまとめてしまうと潔癖な方には怒られてしまうかもしれませんが、要は人工知能にしろプログラムにしろ、生身の人間よりも高速で統計的なところから決断を下していくものに生身の人間が負ける現状と将来性についてリスクはあります。

スキャルピングは短時間で判断していくので、現時点でも秒速の細かい取引においては実際のところAIは愚かアルゴリズムにも劣るのが生身の人間だと暇郎も考えています。

ただ数秒〜数分かそれ以降なら、今のところ生身の人間が太刀打ちしているのも事実です。

将来?それを言い始めるとスキャルピングに限らずどの手法もAIが、、という未来が来る可能性は来るかもしれませんね。未来は行ってみないとわかりませんが。笑

中毒性とレバレッジ

暇郎が挙げる3大リスクの中で最も陳腐で注意するだけで克服出来てしまう本来リスクですら無いリスクでありながら、結局のところスキャルピングで失敗する一番多い原因がこの中毒性とレバレッジです。

スキャルピングはテクニカル的にも沢山の取引チャンスがあるように見えてしまうので(実際あるとも言えますが)、中途半端なテクニックを身につけた頃ほど注意が必要です。

決済の数だけ、利益確定、損失確定、を繰り返すことになりますので、だんだんと丁半博打のような感覚で熱くなり、次こそは!次こそは!もっと!もっと!と熱くなってしまい勝算あるルールを逸脱した無謀な注文をしたり、もっともっと感情が合間って、勝算もそんなに無いままレバレッジを上げて行ってしまったり。。

残念ながらこれで失敗される方も多いです。

と言いますか、断言出来ますが、FXスキャルピングで失敗する人は、この中毒性と勝算が無いままの無謀なレバレッジで失敗します。

FXスキャルピングの盲点

ここまでFXでスキャルピングについて、どちらかと言えばネガティブ側が強い流れでまとめていますが、投資自体が資金力が無く、知識も経験も情報も少ない一般投資家や初心者に当然不利な世界なので、リスクを知ることが勝機を見い出すためにも必要だからだという背景もあります。

例えは良くないかもしれませんが、竹やりで銃に挑むような戦い方では、竹やり側に勝機が薄いのは当然であり、そのような戦い方は避けねばなりません。

FXスキャルピングはファンダメンタルズ分析が通用せず、ほぼテクニカル分析だけで結果を取りに行くトレードなので、例えるなら武器の使用NGの格闘技のような世界です。

竹やりも当然使えませんが、銃を使われることもありません。

格闘技の世界で、強い相手(対戦すれば負ける確率が高い相手)、普通の相手(対戦すれば五分五分の相手)、弱い相手(対戦すれば勝てる確率が高い相手)がいるとして、淡々と弱い相手(自分に勝算があるタイミング)の出現を待って、そこだけ勝負を挑む姿勢が正しいスキャルピングです。

トレーニングを全く積んでいなければ弱い相手すら見つけることは出来ませんが、初心者でも勝算あるロジックに絞って身に着けることで、限られたタイミング(弱い相手)なら勝算を見出せる手法でもあります。

自分の勝算を過信して五分五分の相手に挑んだり、熱くなって勝算の無い試合でファイトマネーを吊り上げたりしなければ成績は積み上げられます。

熱くならず淡々と、弱い相手だけと対戦するような、つまらない対戦作業を繰り返す。そうして、成績を保つのがスキャルピングの目指すところです。

さらに、弱い相手(勝算あるタイミング)でも負けることが往々にしてあるからこそ、それでも熱くならず淡々と、引き続き弱い相手(勝算あるタイミング)を待って、対戦(取引)を繰り返す。

スキャルピングは、以上のようなスタイルを守れば勝算を見出し易い手法ではありますが、勝算を見出すための学びや鍛錬もある程度積まなければ、弱い相手すら見つけられないという当たり前のことが意外と盲点になっているように感じます。

どこかで誰かの盛り盛りの宣伝に踊らされ、学びや鍛錬も無しに最初から何か㊙︎情報やツールだけで良い成績が出せると思い込んでしまったり、少し成果が出始めた頃に己の力を過信し過ぎてガンガン突っ込むこと人が大敗に至ります。

FXスキャルピングが向いている人

  • 勝算のあるロジックやルールに絞り、それを学び守り続けられる人
  • 少し利益が出ても自分を過信せず、欲張らず、淡々と取引を継続出来る人
  • 中途半端な知識が無い初心者はロジック限定して体得する際に相性が良い
  • 日常が忙しく隙間時間だけで投資に臨む会社員や主婦にも十分勝算がある

FXスキャルピングが向いていない人

  • 特別な方法やツールさえ得れば即日稼げると甘い考えを持っている人
  • 少し利益が出始めると過剰なレバレッジでギャンブル取引を始める人
  • 他の投資手法で成功体験がありロジックを最初から応用したがる人
  • デイトレードやスイングトレードを生業としている人

盲点と勝機

よくある話ではありますが、デイトレードやスイングトレードで自分が信じているスタイルやロジックと相反するロジックの方がスキャルピングでは相性が良かったりしますので、デイトレードやスイングトレードを生業としている人が暇つぶしにスキャルピングを始めると火傷しますよね。笑

また、スキャルピングで1日中トレードを続けるのは疲れますが、逆に仕事の昼休みだったり、夕食の仕度前など、投資とは全く別の日常を過ごす中の隙間時間の取り組みで臨んでもパフォーマンスが意外と落ちない珍しい投資手法でもあります。

そして、そこから勘違いが生まれ易いのですが、誰でも、何の訓練もせず、最初から簡単に利益が積み上がるというようなことはありません。(天才は違うかもしれませんが)妙な幻想で始めると、やっぱり火傷します。笑

他の投資で成果が出ている人がその経験値を活かせるとは限らない盲点と、初心者でも限定したロジックに絞って学ぶことで勝算のある取引タイミングを見出し易く、その機会も多く、忙しい社会人でも隙間時間で利益を積み上げられる可能性を秘めた投資手法です。

暇郎のまとめ

FXの手法の中でもスキャルピングは、初心者でも、忙しい社会人でも、比較的利益を積み上げる段階に至り易い投資手法と言うのは事実です。

ただし、それを安直に簡単だと誤解して、最初から何かのルールやツールだけでボロ勝ちできると勘違いして臨むと当然ながら損失を生むだけで苦い経験になるはずです。

少額から投資を始められるFXのスキャルピングで、勝つための戦略として暇郎がおすすめしたいのは、最初は稼ごうとしないことです。

3ヶ月は大した儲けにもならない(大した損失にもならない)つまらない超低レバレッジ、超低ロットで、最も勝算があると確信を持てる特定のタイミングでだけの取引を淡々とする訓練。それを学び、隙間時間で繰り返して、自分がどの程度の利益率(損失率)で取引を行えているのか把握して、利益率に自信を持てるようになったら、徐々にレバレッジを上げていくことです。

ギャンブル欲を掻き立てられない、そんなつまらない取引を淡々と行える状態に至れば、スキャルピングはリスクを抑えて、利益を積み上げられる投資になり得ます。

投資の中でもコツコツ取引を繰り返す労働に近い類の手法にはなりますが、少額で投資を始める場合にスキャルピングから入るのは悪くない(というか良い)選択の1つだと思います。

暇郎自身がロジックとして実践検証し、初心者(暇郎もスキャルは全くやって来ませんでしたので初心者であり、このロジックなら確かに初心者でも続けて身に付くと確信しました)でも稼げる段階に至れる教材の中で、値段もリーズナブルかつ内容も素晴らしいと感じた教材も近々記事にします。

お急ぎの方はお問い合わせからご連絡下さい。
既にかなり有名な教材ですが、どこよりもお得過ぎる特典付けてご案内できますので。笑

追記:記事にしました!
秒速スキャルFXの評判で初心者が勝てない話もあるので購入検証

暇郎が実践検証済の推奨投資先

投資は目指す未来や現状の資金量により選び方も変わるので、方針が決まっていない方は個別相談をご活用頂ければと思いますが、既に投資の目的が定まっていたり、ご経験のある方は検証済投資先情報もご活用下さい。

暇郎が実践検証済の推奨投資先
暇郎が実践検証済の推奨投資先

個別相談

投資は人それぞれのタイプや、目指す未来により相性があります。自分で画面を見て取引を続けたい投資家と、運用に近い形で資金の置き場所で成功したい投資家では選択は全く違います。

投資は自己責任になるからこそ、最終判断を行えるのは本人だけですが、疑問や不安は誰にでもありますので、相談相手が暇郎でよければいつでもご連絡下さい。

暇郎お問い合わせ
暇郎に個別相談

凡人が資産構築するための無料結社S会

暇郎が投資を初めて最初の10年は、自分で取引することやポートフォリオの組み方を磨くことが投資だと思っていましたが、学びでトレードのエントリーは多少上達しても、土壇場でのメンタル管理や油断から資産を守りきれない自力の限界にも気付きました。今は資産を築き膨らます最も有効で現実的な方法は、人脈を良くして環境から得る機会で資産構築することだと考えています。無料結社S会は、そんな暇郎の持つ人脈・環境・情報をおすそ分けする場所です。

無料結社S会ロゴ
無料結社S会